令和2年7月豪雨により被害に遭われた皆様へ

この度の豪雨災害により、お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈りするとともに、被害にあわれた皆様に謹んで お見舞い申し上げます。皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

2020年7月15日 セガサミーグループ

Language

NEWS

【コロナ禍における取り組み】年度末における新たな社員表彰制度と2022年新卒向けZoomイベントを実施

2021.04.06

エンタテインメントサービス及び関連機器の開発、販売、運営を手掛けるセガサミーグループの株式会社ダーツライブ( 本社:東京都品川区、代表取締役社長:桝本 菊夫)は、コロナ禍で迎えた年度末において新たな社員表彰制度2022年新卒向けオンラインイベントを実施しましたのでお知らせいたします。 

 

社員が社員を表彰「CULTURE AWARDS 2020」の開催 

コロナ禍における特別対応として全社員が在宅勤務制度の適用対象となり新しい社内コミュニケーションを模索し続けた2020年度。  

その締めくくりとして、社員が企画立案した社員表彰制度「CULTURE AWARDS」が承認され、2021年3月に初開催されました  

「CULTURE AWARDS」は事業への貢献度などから審査される社長賞や功労賞とは異なり、ダーツライブが大切にしている5つのカルチャーを体現していた社員を表彰するもの。各本部よりカルチャーごとに1名選出し、GOOD CULTURE賞を授与その後、全社員の投票によって各カルチャーのMVP決定する社員参加型の表彰制度です。 

 

関連ブログ 

ダーツライブらしさとは?5つのカルチャーをご紹介

社内サイトは4倍のPVを記録 

GOOD CULTURE賞を受賞した30名受賞理由と共に発表・掲載した社内サイト記事は普段の4PVを記録。在宅勤務によって他部署の動向が見えにくい中、記事を通じて他部署や社員の活躍を伝えました。またコメント欄では、受賞を祝うメッセージも飛び交い、コロナ禍における社内コミュニケーション活性化の一助となりました。 

社内サイトのGOOD CULTURE賞は高PVを記録 

 

MVPはオンラインで実施された社員総会で発表 

社員投票によって決定したMVPは、3月末にオンラインで実施された社員総会で発表されました。当日は、CULTURE AWARDS運営チームが司会進行を担当投票者へのプレゼント抽選会もあり、オンラインでありながら社員間の繋がりを感じられる、にぎやかな時間となりました。 

 

 

関連ブログ 

社員表彰制度「CULTURE AWARDS 2020」を初開催しました!

 

Zoomを使った2022年新卒向けイベントの実施 

2021年3月1日より開始となった2022年新卒採用活動。3月には、合計4回のZoom先輩社員交流会を実施しました。場所に縛られず、PCやスマートフォンで気軽に参加できる交流会では、回ごとに開発部、営業部、プロモーション部、海外推進部の社員が登場。学生のみなさんに、自分が気になる部門の社員登場回にご参加いただけるようにしました。

 

ざっくばらんな質問コーナーやエアオフィスツアーも 

人事部2名が司会進行を務め、各回の先輩社員に現在の仕事内容や就活エピソード、新卒時代の振り返りなどをインタビュー。学生からの質問コーナーでは、働き方や仕事内容についてはもちろん、学生時代の過ごし方や、会社でどのように活躍していけるかなど、さまざまな質問が。時に笑いを交えながら和やかな会となりました。他にも、オフィス紹介Webサイトを社員の解説つきで紹介。受付や会議室、社員食堂など共有スペースの紹介には、学生の注目が集まりました。
 

 

感染症対策によって、日常も働き方も大きく変容した2020年度。ダーツライブではその他にもコロナ禍における社内コミュニケーション注力してまいりました。 

 

Microsoft Teamsを活用したコミュニケーション 

部署やチーム単位での活用はもちろん、在宅勤務によって失われがちな業務外の雑談などを楽しめるルームを立ち上げました。在宅勤務だからこそ見えた社員の新しい一面など、社員交流の場となっています。 

  

社内サイトで社員の様子が見えるコンテンツの発信 

「社員の顔が見える」をコンセプトにしている社内サイト「FACES」では、業務に必要な情報はもちろん、楽しく読めるコンテンツを日々発信しています。

2020年は、社員からの寄稿も増え、他の社員がどんな仕事をしているのか、企画の誕生背景などを好きな場所で好きな時間にチェックできるようになりました。

   

2021年度もコロナ禍における感染症対策と向き合いながら、社員同士の繋がりを持って働ける新しいコミュニケーションを生み出す取り組みを続けて参ります。